日本国内ではまだまだ認知度の低いコロイドヨードですが、世界に目を向けると、WHO(世界保健機構)からその有用性が認められるなど、徐々に広がりを見せています。

海外では以下のような実績があります。

  • アメリカで、FDA(Food and Drug Administration :食品医薬品局)に登録された。
     →その製品はこちら
  • スリランカで、アーユルベーダ医薬品として認定された。
     →その製品はこちら
  • タイの赤十字病院で、コロイドヨード液によるHIV罹病者の臨床診療で改善効果が認められ、WHOのHIV罹病者救済手段として採用された。

国内でも小規模なクリニックから使用が開始され、少しずつ症例を積み上げています。