コロイドヨードは様々な事情を考慮して、いくつかの種類の製品があります。
目的に応じて使い分けると、より高い効果を期待できそうです。

内服

多くの製品が内服用として作られています。
治療を目的とした原液と、健康維持を目的とした希釈液とがあり、それぞれの目的に応じて使い分けるのが一般的です。

点滴・注射

より高い効果を求める場合や経口摂取が難しい場合に、点滴や注射での投与をすることになります。

吸入

主に肺への効果を求める場合に吸入します。

点眼

主に目への効果を求める場合に点眼します。

クリーム

主に皮膚への効果を求める場合に点眼します。