コロイドヨード療法の原理は、分子生物学(遺伝子・蛋白等の研究する学問)を応用した治療法であると言われています。

その理由は
・特定の細胞内の遺伝子の発現状態を変化させる
・特定の細胞内のタンパクの発現状態を変化させる
・特定の細胞のタンパクの機能を変化させる
といった作用が、研究結果から確認できているからです。