コロイドヨードの作用に関する研究の結果、悪性腫瘍細胞は表面の細胞膜が励起しているため、悪性腫瘍のみに選択的に入ることがわかってきました。

この結果、悪性腫瘍細胞に以下のような変化を働きかけることで、転移・増殖を抑制すると考えられています。

・microRNAの産生を低下
・悪性腫瘍タンパクの立体構造を変化
・悪性腫瘍遺伝子(RNA)を低下