コロイドヨードの代替医療としての可能性

コロイドヨードは、代替医療のひとつとして注目を集めています。
 
代替医療とは、標準治療以外の治療のことで、例えばがんの場合は、「外科的手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」が三大療法と呼ばれ、それ以外の全ての療法が代替医療となります。

代替医療は、手術などで体に負担を与えることはなく、副作用も限定的なため、身体に優しい療法であることが特徴として挙げられます。そのため、症状が進んでしまっている方や、高齢者などの体力に自信のない方などにも適用することができます。

日本におけるコロイドヨードによる治療

コロイドヨード療法などの代替医療は、アメリカ、イギリス、ドイツなどの医療先進国では積極的に取り入れられ、治療に活かすための試みが繰り返される土壌がありますが、残念ながら日本では、代替医療に対しては後進国であり、コロイドヨードを積極的に取り入れている医療機関はごくわずか、というのが実情です。

ただ、日本でも当サイトのようなウェブ上の情報からコロイドヨードを知ることができる機会が増えるにつれ、少しずつコロイドヨードに興味を持つ方が増えてきました。日本では、医師がその患者に必要と認めた場合に代替医療を処方し、自由診療として行うことができるので、医療従事者・患者の双方に、コロイドヨードや代替医療の知識が求められる時代になってきたのかもしれません。