「ヨード」は「ヨウ素」とも呼ばれ、原子番号53の非鉄金属元素で、元素記号は「I」です。

病院ではレントゲンの造影剤としても使われています。

ヨードは昆布やワカメなどの海藻類に多く含まれているミネラルのことで、私たち人間の健康にも大きく関わりがあり、特に「甲状腺」に深く関わりがあります。

甲状腺では「甲状腺ホルモン」という体調を整える物質が作られ、甲状腺ホルモンの材料になるのが「ヨード」なのです。

その甲状腺ホルモンが不足してくると、低血圧や倦怠感などを引き起こし、さらに甲状腺腫や甲状腺機能低下症という病気に発展してしまうこともあり、軽視することができないものとなっています。

また、甲状腺ホルモンは新陳代謝を促進する働きがあるため、子供の成長にも大きく関わってきます。

そのため、甲状腺ホルモンがしっかりと作られるよう、ヨードを適切に摂取をしなければなりません。