ヨード(要素)には「ミトコンドリア機能回復」があると言われ、以下のような研究結果が出ています。

  • ヨウ素は第17元素(ハロゲン)で電子殻電子が53個あり、V.D.W力による分子間会合特性が著明である。
  • ヨウ素+水の分子会合体は、細胞内抗酸化剤として機能する。ヨウ素(I2)は水を酸化して、次亜ヨウ素とヨウ化水素となる。細胞内ヒドロキシラジカルを効率よく消去する。
  • ミトコンドリア由来発生のROSを消去する効果が大きい。